京都出張、後半 観光編

  • 2015.11.02 Monday
  • 10:42
もはやカテゴリが花仕事じゃないですが…
花仕事の出張からの一泊ということで。


前回記事からの続き。
貴船口から叡山電鉄にのり、少し南へ。
洛北の一乗寺駅でおります。

朝早くから、結構歩いてお水しか飲んでいなかったのでちょっと一休み。

駅近くの648471、むしやないのカフェへ。
むしやないと言う言葉は京都の方言で、軽い食べ物、食感のおやつ、みたいな意味だそうです。

こちらで、抹茶豆乳ラテと一口お菓子を頂きました。
京都はさすがに東京より寒くて、冷えた身体にじわーっとしみ込む優しい味。



お腹が落ち着いたところで、まずは詩仙堂へ。



お部屋から庭を。
紅葉の時期はもっと素晴らしい景色なんだろうな。



お庭の中も一回りできます。
帰りに、お隣のお茶屋さん、双鳩堂でお土産おかきを買って、金福寺へ。

金福寺は今回一番好きだったお寺です。
与謝蕪村が芭蕉を思って再興した芭蕉庵があります。



金福寺では、運良く誰もおらずねこちゃんと二人きり。





Instagramにも書いた、『花語らず』の詩。本当に好きです。この詩。


そしてそろそろお腹も限界。
バスでさらに下り、平安神宮側の六盛で手をけ弁当を頂きます。



お腹も満足したところで洛東地域へ。
お昼過ぎ。市内中心地に近いこともありだいぶ人出が多くなってきました。



哲学の道では、かわいい鴨さんが。
仲良く二羽並んで泳いでいました。

そして、哲学の道の終わりの先にある永観堂 禅林寺へ。





所々紅葉もしていて美しかったです。
ここでは、お庭を眺めながらお抹茶がいただけるのですが、だいぶ混んでいて店員さんも大わらわだったので断念。

すぐ近くの南禅寺に向かいます。



テレビでも良くみますね!
エキゾチックな雰囲気を醸し出している水路閣。
朝早くから、人気のないときに見たらより素敵だと思います。

そう、この頃には大分人が多く、人混みが苦手な私は観光はここで断念。

一休みしにとても行ってみたかった、中国茶のカフェ。
好日居

こちらは、写真掲載お断りのお店でしたので文章で。
前は大丈夫だったようなのですが、マナーの悪い方がいらっしゃったようで今はやんわりとお断りされているようです。

静かで心落ち着く空間。
画像でお伝え出来ないのが残念ですが、ぜひ実際に行って感じてもらいたい。
絶対に満足できること間違いなしです。


わたしは、雲南母木の熟茶を頂きました。新芽ばかりを集めた熟茶はとても珍しいそうです。
たまたま、お客様がおらず貸切状態。
お湯が沸く音を聞きながら、心が洗われる優雅なひと時を過ごさせてもらいました。


私の京都の旅はここまで。
出張とはいえ、次の日はめいっぱい観光をさせてもらい本当に贅沢な2日目でした。
お師匠に感謝。

今月はワークショップやイベント盛りだくさん。
パワー充電したので、はりきって頑張ります!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM